<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暁色のねがい

ブラウニーを作りました。

昔オーガニックの配達で取っていたのを母が好きだったんだけど、
そこ潰れちゃって、食べられなくなっちゃったのを残念がっていたので。

何が入ってたっけ、甘さはどのくらいだっけ、質感は?
何の記念日でもないのに、ついうっかり、衝動的に始めた、
思い出しながらの作業。意外に楽しかった。

出来上がったのはやっぱり、似て非なるもの。
だけど、持って行ったらおいしいって食べてくれました。
母親が、笑ってくれるのは、嬉しい。

親に出来ることなんて、こんな、ほんの、小さいことなんだ。
何かを返せるなんて、思えないよ。
それでも、落ち込んでたら励ましてあげたい。
些細なことで、笑っていて欲しい。
明日も、あさっても、ずっと。
c0047633_0381163.jpg
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-03-30 00:31 | 日々精進

季節はめぐり、花曇り

春ですね。
霞ヶ関でも桜がちょこちょこ咲いてます。
陽射しがほのぼの温かくて、うつらうつらするんだけど、
そう、何かちょっとワクワクそわそわして。
春がやってきたなぁ、と思います。
そして春といえば花粉症。
鼻とくしゃみと涙と乾燥で、肌がボロボロになるのを、
いかに防ぐかがこの時期のテーマだったりします。

決算のために休日出勤続きで、気がついたらお部屋が荒れ模様。
何か盗賊が入った後みたい。。。
今週、ついにガラスの器を割ってしまった。
朝出掛けにバッグが朝ごはんを片付けるトレイに当たってしまい、
あっという間の出来事。。。
透き通る深い青が、大好きだったのに。
自分の心のきゅうきゅうな感じと、いびつさが、
そういう日常に出てきてしまう。
部屋っていうのは、自分だけで完結しているクローズな空間だから、
心模様が如実に分かって、ちょっとへこむ。

春だし、久々に大掃除と模様替えをして、
お花でも飾ろう。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-03-29 13:44 | 日々精進

花を弄すれば香衣に満つ

「弄花香満衣」
(はなをろうすれば かおり えにみつ)
と読むそうです。

今日行った浦和のお茶室に、こう書かれたお軸が下がってました。

ちょうど今頃の時季、
野辺で手折った芳しい花の香りが、服に移ってた、なんて情景が、
ぱっと目に浮かぶような。
何て趣のある言葉なんだでしょう!とひたすら見とれてしまった。

もともとは、
掬水月有手 弄花香満衣
という対句で、漢詩の一部から抜粋されてるそうです。
両手で水をすくえばそこに月の姿が映り、花を手に採ればその香りが衣服に染み込む。
禅宗では、これを
他者(月・花)と自己の区別を越えた、自他一如の妙境としている用いるそうですが、
そういう難しいことは抜きにして。

この、秋と春の対比とか、自然と戯れる喜びとかその素朴な感じとか、
なくしちゃったものを、さりげなく広げてもらった気分になりました。
うーん、まだまだ精進しなくちゃ。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-03-15 23:01 | お茶の道

洗いざらしのシーツみたいになりたかった

自分の内容物が黒くて、びっくりする。
もしも魔法の眼鏡なんてあって、成分を覗き見できたなら
こんなに悪いモノたくさん、よく抱えてられるなって、感心するくらい。
逆に新鮮。

今日はお仕事の付き合いで、IKKOの握手会に行きました。
握手会とか、そういうの行ったの初めてです。
しかも番号ちょー若い。
びっくりするぐらい近かったので、司会が無駄に絡んできた。

ごめんなさい。
こんなにモチベーション低くてごめんなさい。
でも、「IKKOさんのどこが1番好きですか?」
とか訊かれても困ります。
ホント困りました。
見りゃわかるでしょーよその人の熱意とか。
花束とかプレゼントとか持ってきてる人いるじゃんナゼそっちに絡まない?て
罪もない司会・荻原次晴に、申し訳ない通り越してイラっとすらした。

IKKOは良い香りがしました。すごい良い人でした。
DVD観て、私も美しさの勉強でもしよう。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-03-02 22:24 | 日々精進

ごめんなさいの質感

ここのとこ、ずいぶん遠ざかっていたので、
溜まっているコトバがたくさんある。

こないだ、お休みの日新宿に行った時のこと。
私の前を、弓道の弓を持った女子高生が2人、歩いていて。
うっかり片方の子とぶつかってしまったのです。
かるくかるーく。
新宿の地下道なら若干よくあること。
でもすぐに、さ、と振り返って

「ごめんなさい」
て言ってくれた。
その言い方が。
ものすごく自然で、いやいやじゃなくて、しかも押し付けがましくなくて。

そんな、何でもない言葉で、
人をこんなに爽快にさせてしまう。
もしかしたら10歳以上年下の子に、憧憬すら抱いてしまった。

心根のすてきな人になりたい。はい、オチなし。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-03-01 23:22 | 日々精進