<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

初☆たんばら

スノボ行った。

27日の夜に出発!
真夜中に到着して、お風呂入ったら飲み会で、
28日の朝からリフト終了まで滑る。
という、超ハードっぷり。運転手の人たちは、ホントにお疲れ様でした。
かつ、そんな疲労を感じさせない、時間感覚も忘れちゃう、楽しい旅だった。

う~またがんがん滑りたいぃぃ!
今回はみんな、ボードもブーツも持ってる人たちばっかり。羨ましくなっちゃった。
レンタルの煩わしさがないし。傷とかなくて綺麗だし。デザインもカッコイイし!
一気に欲しくっちゃったなぁ~☆

筋肉痛を抱えてだらだら過ごす、贅沢日曜日♪
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-29 18:17 | ともだち

風船の破裂後

ミスをした。

言われたことを反芻する。

このミスを、絶対に無駄にしない。とか、えらそうなことは言えないけど。

「出世のチャンスじゃん」

あの人がそう言うなら、ばかみたいでも、信じてみようかと思う。

負けるな!がんばれ!
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-27 14:11 | 仕事心

つるつる滑る

今朝、会社に行こうとチャリ置場に行ったら。
自転車が透明に固まっている。
えーーーーーと。

雪が↓
積もって↓
日曜日、月曜日ととけては固まり↓
こういう状況か。

カゴの雪はいい。仕方ない。
けどさ!
ペダル凍ってるんですけど!

こぐ度にぺき、ぺき、と小さな音がします。
道もところどころまだ凍ってるし。
極めつけは最後の上り坂。
歩道が全面的に凍ってるんですが??
チャリを降りて押すことも考えたが、そうしたら逆に上りきれなくなる気がする…
あーーたどり着けたことに感謝♪
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-24 08:59 | 日々精進

短く楽しい水曜日

おとといは友美と吉祥寺に行きました。
伊勢丹&ロフトにて、プレゼント選びつきあってもらって、安曇野で飲み食べ。

何がおいしいって、お酒が。
鮪のとろとろカルパッチョ、山菜の天婦羅、博多春巻き、鰤大根、お寿司!!
あと牛肉のタタキ、絶品。。。

c0047633_15505767.jpgデザートデザート。。。
どうしても食べたいのを1つずつ。
私は紅芋モンブラン。
2人でつつく用に、“あれもこれも”。
つまり盛り合わせ。
店員さんがびっくりするくらい食べました。
ご満悦だわ。

双子ですか?と言われたのはこりゃうめぇに引き続き。
不思議だ☆全然似てないのに何ででしょう???
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-20 15:55 | ともだち

お気に入り

会社で見るブログはけっこう限定されていたのだが、(そもそも見るなって?)
部屋のネット環境がつながっていないので
会社パソコンのbookmarkが増えるばかりだ。

ずっと進んでないけど、時々ぽろっといい話がある友人のブログがある。
行く末を、案じながら、自らも、歩みながら。
いつの日かまた、交錯する時を望んで。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-17 20:28 | 日々精進

とある事情

c0047633_1341431.jpg

家から会社まで歩いてみた。
寄り道して1時間半だから意外に近かったけど、
2度とやらないでしょう。したくない…
神田川から見る高層ビル群は、いかにも別世界という佇まいで、何だかおかしかった。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-16 01:34 | 日々精進

落ち着いた?まだムリだな

金曜日。会社でしゃくり上げる。目がはれすぎて、失恋後の高校生みたいになってしまった。
夜。T部長主催で同期と飲む。雪に埋もれたなかじの家の倉庫。
またまた経堂にお泊り。床暖房のせいか、居心地のおかげか、ぐっすり。

土曜日。大雨の中、お茶に向かう。
先生の家のひかるちゃん(犬♀・10歳)が雷に恐怖。死に物狂いで抱きついてくる。
夜は父母と駅弁大会に行って、函館夢物語を買ってきて食べた。
母は、外食が嫌いなのに、年2回ほどある、この駅弁大会だけは毎回欠かさない。

日曜日。ごろごろ過ごそうと決意。洗濯して掃除して、早寝早起きをしよう。

決められたレールがない。この先どうなるかなんて全然分からない。
言えと言うから言ったのに、それはわがままで贅沢だと言う。
けれど、やっと、「下っ端」と言ってもらえた。
「お客さん」じゃない。下っ端なんだから、何でもやれる。
弱いのだろうけど、私はそういう人間だ。
きっとまた同じ悩みどころは来るし、解決もされてない感じ。
その時は、どうにか涙を飲み込める人間に。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-15 10:35 | 仕事心

反・速読を練習中

疲れたときや、むしゃくしゃしたときは図書館に駆け込んで、手当たり次第に本を借りる。
毛布にくるまって、梅酒のお燗を片手に、がばがば読む。
火曜日はそういう日でした。
ただ、そういうときってなんとなく読むことを目的にしている感じでもったいなくなる。
どうせならもっと、ゆっくり、、まったり、、味わいたい。

不思議なもので、本を読むより、それを言葉にするほうが大変だ。
もうずっと書いていないので、どこから書けば良いのか分からないけど、覚えているだけ。


天使と悪魔 ダン ブラウン 越前 敏弥 / 角川書店
話題のダヴィンチコードの前作。
一緒にスノボに行ったKに「禍々しいね」と言われた表紙が思い出深い(汗
面白いけど、食事中に読むもんじゃなかった。
全部1日で起こったこと、というのが、シェイクスピア並み。

西の魔女が死んだ 梨木 香歩 / 新潮社
派遣の方が、オススメと言って貸してくれた。
登校拒否のまいと、山の中に住んでいるおばあちゃん。森で畑作りとかすごい憧れ☆2人のやりとりがすごいナチュラル。
ただの良い子にも、ただの優しいおばあちゃんにもならない。それが苦しい。

博士の愛した数式 小川 洋子 / 新潮社
まだ読み途中。やっぱり藤田さんが貸してくれたもの。
息子のルートと、博士との関係が好き。博士はルートに数字の神秘を語り、慈しみ、ルートから何か教わることもためらわない。ルートは博士を尊敬し、彼もまた博士に新しい世界を拓く。
今、一番、味わってる本。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ リリー・フランキー / 扶桑社
カメのブログにも書いてあったけど、本当に泣かせる本。涙腺強化キャンペーン中の私なのですが、 ぼろっぼろにされました。東京でのくだりが、自分の実家の近所だったので、情景が余計に胸に来る。
好きな人を好きって言うこと。読み終わるとあったかくなります。
東京タワーってほんとに、いろんな意味で東京のシンボルなんだなぁ。
テーマに扱ってる本はたくさんあるけど、否定的な意味合いも込められてることも多いけど、
私は好きです。あの背伸びしてる感じ。

蟲師 (6) 漆原 友紀 / 講談社
何を思ったか、酔っ払って買ってきた。
漫画が読みたかったらしい。きっとそのうち、既刊も買い揃えてしまうのだろう。
人間が人間としてあったかいお話。でも蟲の話。
忘れちゃいけないものを思い出させてくれる。いいです。

オトナも子供も大嫌い 群 ようこ / 筑摩書房
これはまだ手付かず。本屋で放浪しながら立ち読みしていた。
で、図書館で借りる。経済的なんだか無駄なんだかね。
オトナ世界の矛盾と子供社会の複雑さだよ。
読んでいて、「あー」と言ってしまったり、思わず含み笑いしてしまう、そんなお話。

夏の庭―The Friends 湯本 香樹実 / 新潮社
夏休みの推薦図書、みたいなのなかったですか。
読書感想文で必ず誰かは題材にする本て、なかったですか。
私の中でこれってそういうイメージ。
これも藤田さんが貸してくれた本。
どうしてか、まためぐり合いたかったので、何となく嬉しい。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-13 08:02 | 読書的誘惑

気の向くままに

酒乱。
という言葉がありますが、私の場合酒眠、という方がしっくり来ます。
乱れてもいるじゃん、と思った人もいるだろな…

春はうらうらと、夏はじりじりと、秋はさやさやと、
そして冬はほっこりと、飲みながら寝ます。
がっつん、寝ます。幸福な時間だこと。

火曜日は寝てたせいでアンフェア見逃したし、こないだTとOLがお泊りに来てくれたときも先に寝たし、お姉ちゃんが泊まりに来たときは足で蹴飛ばされたし、年末父母の家に行っても年賀状ときんとん作ってあとは寝てたし、スノボに行こうが、誰かと2人でお店で飲んでようが…

落ち込んできたな。
早起きは苦じゃないのですが、ずっとは起きていられない。
それ、朝型じゃん!
でも、夜更かし大好き。というより、夜更かしの計画が好き。
帰ったら飲まずには寝られない。。。

というわけで、1番好きなのは、休みの昼間から飲むお酒です♪
特に、晴れてて、洗濯物干し終わって、とか最高ですね。
何を書いてるのか分からなくなってきた。。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-12 00:04 | 日々精進

新年会♪

てほど大きなモノでもないけど、トルコ料理を食べに行って来ました!
チキンおいしかった☆さすが文化交流の土地だなー。うん。

前座で一人の姐さんとお茶してたのですが、すんごい話し上手♪
かっこいいです、まさに粋!

帰りはもう少し話してたくて、路線の違う友達の最寄り駅で降りた。
歩いて帰っても30分くらいのハズ。。。
しかし!
後ろの人が何やら呟いてて、怖くて振り返れない。

あまりに怖くてカメに電話。
道のまま、足が進むのに任せていたら、神田川が!
天の助け、と思ったのもつかの間。。神田川って曲がりくねってるんだよね。
なぜか2駅も離れたところに出てしまう。
道分からないのって本当心細かった。
怖さを隠すために、自分も独り言&独り歌オンパレード。
むしろ私の方が、さぞかし不気味な子だったろう。

夜道で知らない道なんか、歩くもんじゃないです。(当たり前?)
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-01-06 02:06 | その他