空にとける歌声

不謹慎かもしれないけど、
先週母の日に、祖母の納骨があったことを書きます。

ちょうど雨がそぼ降る日でした。
祖父の眠る青山墓地に、一緒に納骨することが出来ました。
うちは両親ともキリスト教なので、冠婚葬祭には賛美歌を歌います。
3ヶ月前のお葬式でも歌ったな。
祈りを捧ぐ、故人に想いをよせる、安らかであることを願う。
そのいろいろが、みんなの綺麗な歌声で心に響いて、
すごく素直に涙が出ます。
この、みんなで送り出す、という行為が、私にはすごくしっくり来ます。
お祈りの詠唱もみんなでするし。

そのあと「梅の花」でお食事したんですが、
よくよく思い出すと、祖母の遺影を出して飾ってない。
(おいおい何の会だよ)
しかも神父様、傘ホルダの鍵なくして、みんなで探すも見つからず。
(トラブルメイカーなので、やると思った)
祖父と祖母が、そんな私たちを見て、こらえきれずに大笑いしていた気がします。
してたら良いな、と思います。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-05-17 23:16 | 日々精進
<< 瑞々しい芽吹きの季節に 馬を召しませ >>