透明な迷路

1つ。自分の区切りがあって。
堰が、切れた。

お鮨を一緒に食べた。
嬉しかったよ。
スタバでずっと喋ってた。

一緒に朝ごはんを囲んで、ごろごろ日向ぼっこした後で、
お店をぶらぶらして、コンランのカフェでランチ。

幸福な時間だけきれいに照らす。
まるでうまくないシンデレラのようだ。

欲しがってはダメだ。均衡が崩れる。
傷ついちゃいけない。保てなくなる。
でも鈍りたくないのに。
初夏の桃のように。陽をうける朝露のように。
瑞々しく。敏感でありたい。

足元から1本の糸が伸びていても、
向こう岸が輝いてないなら、飛び降りる方が遥かに有意義。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-04-24 05:58 | 日々精進
<< ちょっと贅沢に西へ 桃源郷からの帰還 >>