洗いざらしのシーツみたいになりたかった

自分の内容物が黒くて、びっくりする。
もしも魔法の眼鏡なんてあって、成分を覗き見できたなら
こんなに悪いモノたくさん、よく抱えてられるなって、感心するくらい。
逆に新鮮。

今日はお仕事の付き合いで、IKKOの握手会に行きました。
握手会とか、そういうの行ったの初めてです。
しかも番号ちょー若い。
びっくりするぐらい近かったので、司会が無駄に絡んできた。

ごめんなさい。
こんなにモチベーション低くてごめんなさい。
でも、「IKKOさんのどこが1番好きですか?」
とか訊かれても困ります。
ホント困りました。
見りゃわかるでしょーよその人の熱意とか。
花束とかプレゼントとか持ってきてる人いるじゃんナゼそっちに絡まない?て
罪もない司会・荻原次晴に、申し訳ない通り越してイラっとすらした。

IKKOは良い香りがしました。すごい良い人でした。
DVD観て、私も美しさの勉強でもしよう。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2008-03-02 22:24 | 日々精進
<< 花を弄すれば香衣に満つ ごめんなさいの質感 >>