くつるげるほこほこの暖炉のように

またおばあちゃん家に行ってしまいました。

明日着てく着物がどうしても調達できない!と電話で泣きつく孫(私)に、
とりあえず、良いから来なさい、と言って諭すおばあちゃん。

着物を確認して、一揃い借りた後で、鍋焼きうどんを出前で取ってくれて、
そこからはワイン片手に2人でちびちび。
おつまみはチーズを2種とチョコレート。
話題はもっぱらイトコたちの恋ばな
……何でだ!?

実は、おばあちゃん邸は私たち孫にとって、駆け込み寺(笑
高校くらいから、親と喧嘩しただの、家は息が詰まるだの、
ワケの分からない、でも当人たちにはのっぴきならない深刻な理由で
雲隠れさせてもらってたため、
おばあちゃんは、孫の恋愛事情に親よりよっぽど詳しい☆
駆け込みどころか、デートに使ったイトコもいたくらいで(実話

かくいう私も、大学の頃は泣きながら相談しちゃったっけね。
今では笑い話。
今、おばあちゃんと笑える自分を誇りに思う。
でも直近の話は出来なかったなぁ。。。

来る時ざーざー降ってた雨も、帰る頃には止んでいた。
星は見えなかったけど、月のかかり始めた東の空に、
おばあちゃんの笑顔と健康を、今年も願う。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2007-01-06 22:46 | 日々精進
<< 新年、三色スミレ お気の向くまま >>