イングランド―ポルトガル戦を観た。

イングランド選手の方は割とすらっとした綺麗な脚をしているのだが、
ポルトガル選手の脚は足首がきゅっとして、固そうな、それでいてしなやかなふくらはぎをしている。

 こんな見方をするものだから
 ブロックが、ボールでなく選手の脚に行ってしまうと、
 本当に非紳士的なふるまいに見える。
 観点がだいぶズレている。

そこまで持ち込む強さがあって、双方拮抗していた結果だと分かっていても、
やはりPK戦は辛い。



関係ないけど、タイトルの字は「ふいご」と読みます。
大学時代、ゼミの漢字書き取りテストで出題されました。
一緒に漢字の練習をしたT先輩が、
「フィーゴだ♪フィーゴだ☆」 と小躍りしてた(←本当に)のを思い出しました。

T先輩へ
ご無沙汰しております。
フィーゴが誰だかようやく分かりました。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-07-02 04:27 | 日々精進
<< 雨上がり 陽射しも駆ける 下り坂 病み上がりの朝 >>