空気くらい自然な不自然

c0047633_10454883.jpg

ほかほかでどっしりしたホットケーキを、焼いて焼いて、上からバターとメープルシロップをたらす。
それで、一気に食べる。
世間ではそれが一般。小さい頃に読んだ、虎と戦う男の子の話でだって。

ことの起こりは、何でもない会話。ホットケーキを焼くたびに、フライパンを濡れぶきんで冷ますか、という話題。
「そうしないと、フライパンが熱くて次のが焦げやすくなるから」

相手の言葉に、相槌を打つか、感心するか、納得するか。それで済むのに、私は変な意地をはる。
小学生が、跳び箱6段跳べるよ!と言い張るみたいに。

「一枚焼いたら一枚食べてるから、ちょうど冷めてる」

つじつまを合わせるための嘘。

日常的に転がっていて、時々驚くことすら忘れるくらい自分に馴染んでいる。

そんなんで、今日はホットケーキ。
たくさん焼いて、上からバターをとろかせよう。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2006-04-16 10:45 | 日々精進
<< 今日こそ月9が見たいし あせる >>