過ぎし日の10月

何かを期待してしまうとき。
小さな取っ掛かりにすがりつきたいとき。
私の脳は、自分でもびっくりするぐらいの飛躍した想像力を見せる。

結局深読みして、自滅。それを知っていてもなお。

去年の今頃は、ご飯がのどを通らなかった。必死だった。
やけになって、差し伸べられた手を裏切った。
自分の努力、周囲の苦しさと優しさを、忘れちゃならんと思ってきたけど、
いつの間にか薄れてたみたいだ。

とりあえず、、、まぁいろいろありがとう。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2005-10-09 11:12 | 日々精進
<< 欲望あれこれ 夢見る頃を過ぎても >>