風のいたずら

私の部屋は6畳の和室なので、障子がありまして。。。
そのうち1枚の5つほどの格子が、見るも無残に破れてて。
この歳になって、あれなんだけど。
ホントに割と恥ずかしいんだけど。
数日前の、親子ゲンカの成れの果て。

んなワケで、昨日は季節はずれの障子貼りをした。
もう1枚は無事だったから、とりあえず外して窓に立てかけておく。
その後の事態なんてつゆも知らずに…

障子貼りの醍醐味。
すーっと、うまく古い紙をはがせた時と、ノリをつけてからくるくるーっと貼る時。
ずれると、ぶにぶにの障子になっちゃうんだけど、そこはもう10年以上やってますからね!
ぴん、とできたー☆、と悦に入っていた瞬間。

吹き抜けた一陣の風。
バタァァァーーン!!!
待て。待て待て待て、それはないって。
もう怖くて顔上げられないもん私。
先刻立てかけといた、無事なほうの障子。
倒れてるよ。
しかも。
部屋の脇によけといた掃除機が。
貫通してるよ!

苦悩と後悔と自責のあとで、結局もう1枚貼りなおした。
最初から最後までバカな日曜日の午後。
[PR]
by voleurpolice0812 | 2005-08-22 07:30 | 日々精進
<< そんな何回も聞かないで 日本の正しい残暑 >>